津軽・白神の季節の移ろいと風物詩 津軽・白神の季節の移ろいと風物詩

りんごの花はまだまだ見頃



5月6日〜14日に行われた「りんご花まつり」の最終日、りんごの花を愛でに行ってきました。祭り期間以外は花が見られないわけではないのですが、さすがにかなり散っているのではと思いきや、まだまだ見頃。桜と同じく品種によって早咲き、遅咲きがあるようで、特に「世界一」の品種はピンクの蕾とあいまって非常に可憐。「彩香」や「ジョナゴールド」もピンクの蕾が愛らしいようです。「弘前市りんご公園」では主な65品種の花々を鑑賞できます。岩木山とすそ野に広がるりんご畑は、津軽の春を代表する風光といえます。

品種ごとの鉢植え。(左)「世界一」の花と岩木山。(右)

りんご公園にある「擂鉢山」から望むりんご畑と岩木山。