津軽・白神の季節の移ろいと風物詩 津軽・白神の季節の移ろいと風物詩

どこもかしこも(ニセ)アカシヤ満開




ニセアカシヤはマメ科・ハリエンジュ属で別名を針槐(ハリエンジュ)とも言うそう。材は腐りにくく、枕木や木釘、木炭、船材などに利用されてきたそうです。当初はアカシアの名で流通していましたが、ネムノキ科アカシア属の樹木も輸入されるようになり、これと区別するために贋アカシア(ニセアカシア)と呼ぶようになったようです。このような経緯から、「アカシヤの雨がやむとき」を始めとして多くの歌に詠まれるアカシアは贋アカシア(ニセアカシア)をさしているようです。花の蕾は天ぷらにも利用されています。また、新芽はお浸しやゴマ和えにして食べます。ちなみにアカシアのハチミツとして販売されているものは、針槐(ニセアカシア)の花の蜜であり、本来のアカシアの蜜ではないのだそうです。この時期は河原や湿地などを中心に、そこかしこで白いアカシヤの花を見かけます。もしかして一番多い樹木は、このアカシヤかも、と思わせる圧巻の景観です。