津軽・白神の季節の移ろいと風物詩 津軽・白神の季節の移ろいと風物詩

「山の母さんの店」新野菜と調理味噌



黒石市から青森市八甲田へ向かう国道394号沿い、沖揚平にある産直所「山の母さんの店」には新玉ねぎが並んでいました。甘くてみずみずしい新玉ねぎは、この時期だけのお楽しみです。

季節の山菜や野菜の香りやおいしさを味噌に閉じこめて、長く味わえる手作りの調味味噌がたくさん。定番のふきのとう味噌、珍しいうど味噌、するめやしいたけで旨みや食感を加えた南蛮漬けもありました。

南八甲田横岳の中腹部に位置する沖揚平は冷涼な気候を活かした"高冷地野菜"の名産地。標高はおよそ750mですが、緯度を考慮すると長野県の標高1000m級の山に匹敵するともいわれています。八甲田のブナ林に囲まれた畑では、レタスやキャベツなどの苗を植えていました。9月には頭が少し尖った「みさき甘藍(かんらん)」などが収穫されるそうです。