津軽・白神の季節の移ろいと風物詩 津軽・白神の季節の移ろいと風物詩

手のひらサイズでも脂はたっぷり



津軽日本海から手のひらサイズの「のどぐろ」が入荷しました。「のどぐろ」といえば、上質な脂がたっぷりのることから「白身のトロ」とも称される超高級魚。産卵期の7〜8月や秋から冬にかけてが旬ともいわれますが、日本近海ではほぼ年中水揚げがあり、一年を通じてほどよい脂ののりが楽しめる魚でもあります。今回も型は小さいけれど脂ののりは充分!噛むほどに旨みがじんわり広がる刺身、脂がしたたる塩焼き、ホクホクの一夜干しなど料理を思い浮かべるだけで生唾ごくり。ちなみに「のどぐろ」の正式名は「アカムツ」といい、この「ムツ」という名前も脂っぽさを表現する"むつっこい""むつい"という言葉から付けられたそうです。

のどぐろ一夜干し

のどぐろの握り