津軽・白神の季節の移ろいと風物詩 津軽・白神の季節の移ろいと風物詩

津軽の桃もそろそろ終わり



青森といえば「りんご」が有名ですが、実は、桃もよく採れるんです。
りんご畑の中に桃の木を植えているのも珍しくありません。昼夜の寒暖差が大きいため、津軽地方で採れる桃は果肉がしまり、甘み豊か。特に平川市・黒石市・田舎館村ではりんご栽培の知恵と技術を活かして栽培した桃を「津軽の桃」としてブランド化を進めています。

西目屋の桃。「Beechにしめや」にて。(左)柔らかな毛が生えているので「毛桃」とも。弘前市・相馬地区「林檎の森」にて。(右)

津軽の桃の代表的な品種「川中島」。「道の駅ひろさき」にて。(左)平川市「アグリアス」では川中島の次の晩生種「さくら桃」がお目見え。(右)