津軽・白神の季節の移ろいと風物詩 津軽・白神の季節の移ろいと風物詩

津軽の枝豆、いろいろ



全国的には枝豆=夏。ですが、津軽の枝豆はお盆を過ぎてから本番を迎えます。大粒で香りがよく、栗のようなコクと甘み。津軽独特の枝豆「毛豆」は、茶色い毛がさやを覆い、見た目こそよくありませんが、その味わいの良さから農家で大切に受け継がれてきました。例年、9月中旬から10月上旬にかけてが毛豆の旬。近年、より収穫の早い品種の作付も行われていますが、津軽人は、やっぱり毛豆に目がないようです。

こちらは毛豆。煮る直前に枝から鞘をとる。(左)ちなみに、夏に咲く枝豆の花。紫色の可憐な花です。(右)