津軽・白神の季節の移ろいと風物詩 津軽・白神の季節の移ろいと風物詩

白神そば収穫



標高約120m、冷涼な白神山地の気候で育まれる西目屋村でそばの収穫が行われました。主に「田代」「大秋(たいあき)」、「居森平(いもりたい)」集落で無農薬栽培される西目屋村産のそばは「白神そば」のブランドで知られ、例年6月の半ばに種を蒔き、8月半ばから10月初め頃までに収穫しています。日照不足の今年は、昨年に比べると収量はやや減となる見込みだそう。澄んだ水、空気、景色。白神山地の恵みあふれる西目屋村で味わう白神そばは、格別の味わいです。


収穫した玄そば(そばの実)(写真4番目)